夫婦問題・嫁姑問題などのお悩み解決をお手伝い。

Le Couple mieux

ブログ

2019.03.06 

ブログ

結婚は、ゴールではなくスタートです。

お付き合いしている時は、パートナーの
良いところに目がいき、その良いところに
惹かれて、共に人生を歩むことを選択します。

様々な場合がありますが、、結婚した時が
パートナーへの想いが最大のことが
少なくありません。
結婚した時を100とすると
結婚後は、何が想定外のことがある度に
減点・マイナスをされていく方が多いようです。

結婚して毎日暮らすようになると
家族・身内になるので、遠慮がなくなります。
◇パートナーの習慣・癖・価値感
◇「共通点」ではなく「相違点」
が気になりだします。

相違点が気になりだすと
◇価値観が違う
◇パートナーにこんな癖があってなんて・・
◇~考えるなんてあり得ない
◇~借金があるなんて・・・
不安・不満・ストレスになります。



2人いれば2つの習慣・癖・価値観
があります。
結婚は、自分の想いを100%実現
することではりません。
2人の想いを受け止め、折り合いを
つけて、2人の習慣・価値観を創造
していけることが、とても大切です。
2人の結婚生活は、ゼロからのスタートです。

家族が、増えれば、今まで1人で暮らしていた
ことで、手放すこともあります。
◇家事・育児等の負担が増える
◇義理の親族との付き合い
◇自由に使えるお金が減る
◇自由になる時間が減る
◇自分の価値観・習慣のみで
生活・人生を歩んでいけない。

家族が増えることで、得られること
も沢山あります。
◇経済的な安定
◇精神的な安心感
◇今まで経験したことのない人
環境を経験できる
◇育児を経験できることもある。



あなたにとって幸せは何でしょうか?
◇結婚生活で大切にしたいこと。
◇結婚生活で譲れないこと。
人生のパートナーを選択する前に
想いを馳せてみることが、後悔のない
選択ができます。
このことを、自分自身で認識出来ていると
自然に「手放す」こともできて
固執しなくなります。
「手放す」という感覚もなくなります。

パートナーの良いところは、当たり前になり
パートナーの弱いところばかりが気になり
自分の感情に振り回され、思い込んでしまい
パートナーを否定してしまいます。

〇30過ぎているのだから今さら・・・
〇親に甘やかされて育ったから・・・
〇どうせ無理・・・
等と思い込み
◇いつになったらやってくれるの?
◇何で分かってくれないの?
◇そんなこともできないのか?
パートナーを責め続ける方がいます。

一方的に責められて、自分の行動を
否定されて不快な想いをしない人はいません。

パートナーに依頼する時は
依頼する方に選択権を任せることです。
例えパートナーの答えが「NO」であっても
責めずに受け止めることが大切です。

どちらか片方が我慢して、片方の価値観ばかり
押してけられていては、夫婦関係は、
上手くいくはずがありません。

人の想いは、環境・状況により変化
していていきます。
その時その時でお互いの想いを
共有して、理解・尊重していけることが
よりよい夫婦関係が継続いていく
何よりも大切なことです。

結婚は、ゴールではなくスタートです。
2人で、ゼロから2人の未来に人生設計を
創造していく始まりで、長い道のりの
スタートです。
30代で初婚のことも多く、お互いにキャリア・価値観も
しっかりともっていることで、歩み寄れないことも
少なくありません。
お互いのキャリアを尊重していけることも
重要なことです。

お互いの存在を認め合えることで、尊重もできて安心して
パートナーに「YES」・「NO]を伝えられる関係を
築いていけることが何よりも大切です。
これが出来る関係が築けることで、心にもゆとりが出来て
誰の対しても思いやりもてる穏やかな日々が過ごせる
ようになっていけます。
想定外のことが起きた時も2人で乗り越えていけます。

日ごろのパートナーに感謝の想いを形にできることも
大切なことです。

今日は、2人でゆったりと穏やかな時間を
過ごしてみませんか?

「ご相談者様の望まれている幸せ」
に歩めるようにサポートさせて頂きます。
カウンセラーを活用して一歩を踏み出してみませんか?
お待ちしています。

・自分らしさを取り戻す・コミュニケーション・離婚危機等
何でもご相談ください。


夫婦問題の解決のヒントになる記事を掲載してあります。
アメブロこちらからご覧くだい。

青山夫婦問題カウンセラー鈴宮さゆり