夫婦問題・嫁姑問題などのお悩み解決をお手伝い。

Le Couple mieux

ブログ

2019.02.07 

ブログ

伝わり方・伝え方

思いあたることありませんか?
パートナーの行動に
◇え?どうして?

このように感じた時
あなたはどうされていますか?
その場でその時に感じた感情を口にしてしまい
パートナーと言い争いになってしまったことは
ありませんか?

43歳妻・共働きの相談です。
子供13歳・11歳2人です。
妻がスーパーに買い物に行く為歩いていると
車にのった43歳の夫が通りかかったので
◇妻➡「スーパーまで行くから載せてって」
笑顔で伝えられたそうです

◇夫➡「えつー」と不機嫌な表情
と返事で妻はのせずに行かれたそうです。

妻は自分が車で出かける予定があるなら
夫に頼まれなくても送る人だそうです。

休日のそれぞれの予定を把握していなく
◇夫が車で何処に何をしに出かけたのか?
ご存じなかったそうです
夫は急いでいたのかもしれません。
お互いの予定・急いでいるならその理由を
妻に言葉で伝えればお互いに不愉快な
思いをしなくてよいのです。











このような場面でこの夫と同じリアクションを
取る夫は意外に多いのです。

自分のその時の状況を理解されずに依頼されたり
その時の状況を否定されるようなことは
不愉快になってしまいます。
夫の好奇心・自発的な意志を肯定した伝え方
をする事が大切です
妻➡「急いでる?駅の方に行くなら途中にあるスーパー
まで乗せてってもらえると助かるわ」

パートナーを尊重する「肯定力」で向き合えば
お互いに不愉快な「想い」はしないのです。

夫婦喧嘩になる時は
妻➡何でいつも言っているのにやれないの?
夫➡気が付いたら自分でやればいいだろう!
ということから始まることが多いしうです。
言われた夫は、責められていると感じて、
戦闘モードになっていくだけです。

このような言い方を繰り返ししていると
言われている方は反論が溜まります。
積り積もっては、日々の生活の中での
積み重ねです。
自分の感情の赴くまま言っている方は
自分の口にしている言葉が、
◇パートナーを傷つけているのでは?
ということにまで気が回らないのです。
聞かされている方は、不快感・悔しさの感情と共に
残り、記憶されていくのです。











40代は、家事・育児・子育てに忙しく
日々の生活に追われて心のゆとりを持てなく
なってしまいがちな時期です。
お互いにパートナーに心配りが行き届かなく
なってしまい、パートナーの気持ちの変化
想いに寄り添えなくなっています。

パートナーの「想い」を共有して理解できていれば
我慢ではなく自然に「折り合い」がつけらます
妥協は、歩み寄り・譲り合い・思いやりで
2人やり方が出来ていくことです。

結婚生活は、日々の生活の中でのこの繰り返し
により、信頼関係・安心感が保たれて、幸せを
感じて過ごしていけます。

家族にとって家庭は、居心地よい、
穏やかな場所であることが何よりも大切です。

穏やかな場所は、おだやかな夫婦関係・家族を
保てる礎になります。
2人で歩み寄りながら、答えを出していけることが
夫婦関係を継続していくうえでとても重要です。

ご相談者様の求めている幸せ寄り添えるように
サポートさせて頂きます。
カウンセリングを活用してしてみませんか?

夫婦のコミュニケーション・夫婦の距離感・離婚危機等
何でもご相談ください。
strong>カウンセリングを活用してみませんか?
お待ちしています。

夫婦問題の解決のヒントになる記事を掲載してあります。
アメブロこちらからご覧くだい。

青山夫婦問題カウンセラー鈴宮さゆり