夫婦問題・嫁姑問題などのお悩み解決をお手伝い。

Le Couple mieux

ブログ

2021.04.28 

ブログ

結婚の決め手「落ち着ける人」

カウンセリングをさせて頂いていて、想うことがあります。
「結婚」を決断する時の「決め手」です。

最近よくお聞きすることがあります。
経済的に安定しているのはもちろん、精神的にも「安定した家庭」を
築いていけることが結婚する「決め手」の大きな要因です。

⒈ 一緒に居て落ち着くと想えること。
様々なストレスを抱くことが多い日々で、
「精神的な安らぎを相手に求めている」
を第一にあげる方が多くなっています。

◇パートナーが感情の浮き沈みの激しいと、振り回されてとても疲れること
機嫌が悪いと一緒にいて楽しくないですし、パートナーの気持ちを優先して
機嫌を損ねないようにすることを第一優先にせざるを得なくなり
常に我慢を強いられてストレスになる。

◇ありのままの自分を 受け止めて欲しい
無理に頑張ろうとしなくても良い関係
◇「そのままでいいよ」
◇「無理に頑張らなくていい

自分の弱い部分も、ありのまま受け入れてくれる
と信じているからこそ、一緒にいて落ち着けます。

おたがを尊重しあえている関係だからこそ
意見の違いがあったとしても、お互いの意見を自然に受け止め合える
バランスのとれた関係を築けます。。

自分をありのままに受け入れてくれるパートナーが傍らにいてくれることで
安心すると同時に居心地が良いと感じます。
自分の気持ちに理解を示し共感してくれることは
心強く、前向きに歩んでいける礎になるです。

◇無言でも気にならない関係
◇テンションが合うこと。
空気感は、その時々に応じたテンションが似ていること。
一緒笑う時もあれば、無言でただ一緒にいるような時
テンションが合うことで、空気感が共有することができるので
お互いに無理をする瞬間を作らないで済む。












周囲の空気を乱さず、むしろ穏やかな安心感を醸し出す存在でいて欲しい。
無言でも気にならないので居心地がよく、一緒にいて落ち着くと感じます。

◇想定外のことが起きた時の対応がスムーズ
お互いを思いやれて、居心地の良い穏やかな関係を気づけていると
現実に2人で向き合えて、問題解決に挑めるので、大事になりにくいのです。

◇喧嘩に発展することが少ない
心の余裕がなく精神的に不安定になっている状況だと、
些細なことで喧嘩になりやすくなってしまいます。
落ち着ける日々を過ごしていると、喧嘩は起きにくくなります。

◇お互いに干渉し過ぎない、程度な距離感を保てること。
パートナーの立場になって物事を
考え行動できること
信じて見守ってくれていること
お互いに「自分の時間」を持てて、必要以上に干渉してこないことで
信頼関係があればこそ、成立することです。

◇お互いの想い・行動を否定しない関係
「結論から話して」
「何が言いたいの?
「あり得ない」
「何で怒っているのか?理解できない。」

否定されることから入ると、心を開けなくなり
不快感が募り、安心して過ごせなくなります
「心を開いて会話ができること」は、とても重要です。
お互いに対話できる環境作りが大切です。

◇仕事に対する向き合い方など、尊敬できる部分がある。
夫・妻・父親・母親である前に、「一人の人」として
認め合える関係であることは、心地よく、力強く歩めます。

◇家事分担等を決めつけずに柔軟に対応できる。
「~でなくてはならない」決まり事が多いと、そのことに縛られすぎて
お互いに疲れてしまいます。

自分のすること・存在することを喜んで
くれる人が傍らにいてくれることは
人の心を柔らかく穏やかで強いもの
にしてくれます。
困難にも立ち向かえる支えになります。

落ち着ける環境でゆったりと過ごせることで
問題にも向き合えていきます。

結婚は、
◇パートナーに何かをしてもらうため
◇幸せにしてもらうため
にするものではありません。
自立した二人が、お互いを助け合い
お互いに幸せになりたいと心から望み
その努力を続けていくことで、
素晴らしいパートナーになっていきます。

◇パートナーに思いやりある対処をしてもらえたこと
◇パートナーに自分の想いを受け止めてもらえたこと
◇ありのままの自分・存在を認めてもらえること

◇妻の愛情は、夫にとっての自信やエネルギーの源です。
◇夫の愛情は、妻にとっての安心や幸福感、自信の源です。

◇素直になれる関係
◇自分とは違う考え方があることを理解・尊重
できることで、素直に相手の心に「寄り添う」
ことが無理なくできます。







パートナーは別人であり他の人です。
共に人生を歩んでいても同一人物ではなく
想い・手段は違います。
適度な距離をともつことで、お互いを冷静に受け止められ
心地良い関係が保て、すれ違いも減少します。

夫は、「夫として家族の為に役に立って、男性としても
妻に認められて尊重されていたい」と想っています。

妻は、「妻として家族の為に役に立って、情勢としても
夫に認められて尊重されていたい」と想っています。

その時その時の想いを言葉にして夫・妻に届くように
伝えていくことで、対話が生まれて、折り合いを納得して自然にでき
パートナーを思いやれることが、無理なく自然にできます。</strong


コロナウイルスで自分と向き合う時間も増えて、結婚に対しての捉え方、
向き合い方も変化しています。
益々精神的な面での安心感が求められています。
時代が変化しても、
「穏やかな、安らげる家、夫婦関係」を求めていることに
変わりはありません。
それが、望めなくなってしまうと、
「離婚」に繋がりやすくなります。

2人で歩み寄りながら、答えを出していけることが
夫婦関係を継続していくうえでとても重要です。

コロナウイルスで、カウンセリングでの、ご相談内容も
変化してきています。
ご相談者様の求めている幸せ寄り添えるように
サポートさせて頂きます。
カウンセリングを活用してしてみませんか?

夫婦のコミュニケーション・夫婦の距離感・離婚危機等
何でもご相談ください。
strong>カウンセリングを活用してみませんか?
お待ちしています。


夫婦問題の解決のヒントになる記事を掲載してあります。
記事はこちらから

青山夫婦問題カウンセラー鈴宮さゆり