夫婦問題・嫁姑問題などのお悩み解決をお手伝い。

Le Couple mieux

ブログ

2020.02.10 

ブログ

失って始めて気づける大切なことがあります。

「結婚」は、2人でゼロから創造していけますが
「離婚」は、積み重ねたことをゼロに戻すことです。

知人の方で42歳の男性の方です。
3年前に39歳の時に離婚を経験された方です。
職場結婚結婚5年で妻から離婚を切り出されて
離婚されたそうです。

妻子が家を出ていかれて別居後の「離婚」だそうです。
言い出された時は「何を言われているのか?」
受け止めるのにも時間を要したそうです。
一人になって3年目で自分のぺースを
とりも出されたと感じられているそうです。

「離婚後」に変わったこと
◇一番変わったことは、仕事への取組み方の意識だそうです。
家族の為を残業をして、お小遣い3万円で
頑張っていたそうです。
家族の為という思いが無くなり、一人になったので
以前から考えていた業種に転職されて
自分らしい仕事をしているそうです。

◇自由時間が増え、お金も自由に使えるようになり
その点ではストレスが無くなったそうです。

◇「行ってらっしゃい」「おかえりなさい」等はなく
一人で電気のついてない家に帰り全てのことをすろこと
虚しさ・辛さは拭えないそうです。

◇子供に会えないことの辛さは言葉に
いい表せないそうです。

元妻が、いかに日々の生活で家族を支えてくれていたか
痛感されて、元妻への感謝を口にされていました。



「離婚」に至った反省点
◇仕事・仕事で心にゆとりが持てなかったこと。
◇お互いの「想い」を素直にパートナーに言葉で
伝えられなかったこと・
◇お互いに思いやりがもてなかったこと。
◇自分の想い・価値観を押し付けすぎたこと。等

彼にとって人生で大切なことは「仕事」と
思ってきたそうです。
夫・男は、仕事で結果を残すことが第一で
夫は、家族のために大黒柱として稼いでいることで
夫の役割を果たしていると思われていたそうです。
人関わることは、苦手で関わらなくてよいことは
避けてきたそうです。



今は、「人との関わり・コミュニケーション」が
何よりも大切であると想われてそうです。
「人の気持は、変われるものなのですね」
と言われてました。
元妻に「あなたは、人の気持ちを分かろうとしてくれない」
とよく言われていたことがあったそうです。
その時は、「何を言っているの!」と
想っていたそうですが、今は理解できるそうです。
傍らにいて、い共に日々の生活を過ごしていることの有難さを
感じられず、失ってから気づいてたそうです。

妻子が傍らにいてくれていた時は、
「毎日の日々があって‥その日常が無くなることは
頭もかすめなかったそうです。」
「当たり前はない」
「人は、支え合って生きている」

夫婦の関係で悩んでいる時は
お互いの良いところに気が行かなくなっていき
失ってから気づくことも少なくありません。
「離婚経験者」が、反省されることで多いことは
◇お互いの想いを素直に伝え合えばよかった。
◇感謝の想いが足らなかった。
◇意地を張りすぎた。
◇パートナーが存在してくれることの尊さ
大切さを実感てきていなかった。
◇パートナーの悩みを軽く考えていた。
◇パートナーの想いに寄り添えなかった。
◇自分の価値観を押し付けすぎた。

「当たり前はありません。」
今、あなたの傍らにいてくれるパートナーに
手遅れにならない前に
感謝の想い・素直な想いを伝えていきましょう。

「離婚」して3年目で、少しずつ心の整理が
でき始めているそうです。

離婚危機・子連れ離婚・離婚後等何でもご相談ください・
お持ちしています。

夫婦問題の解決のヒントになる記事を掲載してあります。
アメブロこちらからご覧くだい。

青山夫婦問題カウンセラー鈴宮さゆり