夫婦問題・嫁姑問題などのお悩み解決をお手伝い。

Le Couple mieux

ブログ

2019.06.11 

ブログ

「当たり前」はありません。

あなたは、パートナーの行いを
「当たり前」と思うっていませんか?

◇「同じで当たり前」
パートナーとは想いが同じである。
結婚・出産で環境は変化していきます。
「同じで当たり前」の感覚で育児や家事を
進めてしまうと必ず夫婦関係に亀裂が生じます。

◇「~してくれて当たり前」
「主婦なんだから掃除して当たり前」
「妻は食事をつくって当たり前」
「夫が家に部下を連れて来たら
何時でももてなして当たり前」
「夫は仕事して当たり前」
「2人の子供なのだから子育てに協力して当たり前」
「2人の家庭なのだから家事は分担して当たり前)

お互いのパートナーがしてくれることに対して
「当たり前」とおっしゃる方がいます。

失ってからきがつくことも多いことです。/strong>
自分以外の人が、自分・家族の為にしてくれること
に当たり前はありません


「大切なパートナー・家族に自分に出来ることをしたい」
と思える見返りを求めない愛から
でる自然な行為であります。












人が人のことを想ってする行為は尊いものです。

夫婦関係が上手くいかなくなってしまったりしてくると
感謝していたはずの気持ちが「当たり前」に変わって
しまい、感謝の想いが薄れてしまい、パートナーに対して
不満・愚痴・文句・非難が増えていきます。

パートナーが毎日繰り返してしてくれていることの
重み・ありがたさを「離婚」してしまった後に
痛感されていらっしゃる方が多いのです。

自分のことを大切に思ってくれて
心遣いをしてくれるパートナー
が傍らにいてくれることは幸せなことです。

当たり前の対義語は、
「感謝=ありがとう=有難う=有難い=有ることが難しい=滅多にない」
つまり、感謝は滅多にないこととなります。












ありがとうは漢字で書くと「有難う」と書きます。
「有る」のが「難しい」。
「奇跡」・「普通じゃないこと」になります。

「当たり前」と想っていると「ありがとう」という
想いには、至りません。

自分の中で、パートナーに対して、「当たり前」として
捉えていることがあるとしたら、再度考えてしてください。

「当たり前」ではなく「ありがとう」ではありませんか?

◇「~してくれて当たり前」
何時も掃除してありがとう。
何時も食事をつくってありがとう。
突然遅い時間に部下を連れてきたのに
もてなしてくれてありがとう。
仕事お疲れさま。何時もありがとう。
おむつかれてくれて嬉しいわ。ありがとう。
ごみ捨してくれて助かるわ。ありがとう。

「当たり前」~「ありがとう」に変えることにより
お互いに心地よい気持ちになれてよりよい関係
を継続していけます。

「パートナーだから同じ想いで当たり前」
ということはありません。

夫婦は、鏡です。
パートナーにされていて嫌なことで
自分も同じことをしてしまっていることもあります。

今までの自分の価値観・環境とは
違うこと・違う環境を受け入れて「共存していくこと」は
大変なことですが楽しいことでもあります。

「共存していくこと」は、
容易いなことではありませんが
妻から夫に寄り添うことにより
夫が変化していくことは少なくありません。

日々の生活の中で、お互いに改善して欲しいことがある時は
なるべくその時に冷静に話し合い改善していけることが
夫婦関係をよりよく保てる誘因です。

個々の個人・別人で2人いれば2つの想いがあります。
その時その時で、話し合い、歩み寄って
2人で歩み寄りながら、答えを出していけることが
パートナーを継続していくうえでとても重要です。

改善していくことは、不可能ではありません。
一人で悩まないでくだい。
諦めずに
可能であることは全てしてみませんか?

カウンセリングをさせて頂きながら
ご相談者様の求めている幸せ寄り添えるように
サポートさせて頂きます。

結婚・コミュニケーション・離婚危機
何でもご相談ください。
カウンセリングを活用してみませんか?
お待ちしています。

夫婦問題の解決のヒントになる記事を掲載してあります。
アメブロこちらからご覧くだい。

青山夫婦問題カウンセラー鈴宮さゆり